投稿日:

医療保険を預金として使う?!将来の安心な生活をサポート

将来の健康への不安は誰にもつきまとうものです。突然病気になる可能性や不慮の健康不安に備え、どう資産を構築したらよいでしょうか。定期預金はタイミングと商品さえ選べば金利の変動にも強く、既にまとまったお金がある場合なら、安定して増やしながら預けることができます。また、コツコツ資金を作っていきたいという場合は、積み立て預金型の金融商品があります。

最近では預金だけでなく医療保険の中でも、掛け捨て型ではなく満期時に一定額のボーナスなどの返金があるものが増えました。病気になったら保険として有効に機能する上、健康に満期を迎えた場合でも戻って来るお金があるので、積み立て預金のような感覚で使うことができます。

定期預金などの預金も健康保険・死亡保険などの保険も、将来の生活をサポートし安心をもたらす金融商品という共通点があります。手元の資金やライフスタイル、人生設計に合わせて組み合わせをカスタマイズして、将来の不安や負担を少しでも軽くできると良いですね。

 

利用してみてもいいカードローン

カードローンはさまざまな金融機関が取り扱っています。しかし、ノンバンク系は金利設定が法定上限と高く、また、過去の悪徳消費者金融のイメージが強く利用をためらいます。ノンバンク系以外だと銀行系になりますか、こちらもしっかりと見極めなければ行けません。銀行系に分類されるものの中には銀行が運営しているものではなく提携しているだけのものがあり銀行カードローンの審査の実態が思ったものとは違うかもしれないからです。

いろいろと調べた結果、利用してみてもいいと思えるカードローンは、三菱東京ufj銀行が行っている『バンクイック』です。カードローンを利用する際に押さえるべきポイントとしては、まずは金利です。多くの方が必要な分だけで上限設定をします。そのため、たいていが表示金利の最高金利が設定されます。他のカードローンと比べて、この最高金利が低いのが三菱東京ufj銀行です。

次に押さえるべきポイントが繰り上げ/増額返済のしやすさです。なぜかと言うと、金利の高いカードローンは長期借入には向かず、短期間のうちに返済するのがより効果的です。そのため、約定返済日を待たずしてでも借入の翌営業日から返済を開始させたいというわけです。

三菱東京ufj銀行の『バンクイック』はこれらの点がたよりも優れいるためりようしてみてもいいのではなおでしょうか。

 

喫茶店が忙しい時間に動画を見てゆっくりしない

忙しい時間に喫茶店に行けば、注文を何にするか迷うことがあります。店員さんがかなり忙しいのに手のかかる料理や飲み物を注文すると、はじめのうちはいいのですが、何回も忙しい時間に行ってまた注文を繰り返すと嫌われるかもしれません。どういうところで嫌われているのかを判断するのかですが、判断の方法は色々あります。

たとえば、話しかけてみるという方法です。話しかけてみてもあまりいい返事がもらえない場合は、嫌われているかもしれませんね。そういう態度は普段はあまりしないということなら可能性は高いです。嫌われているかもしれないと考えたら、ブラックコーヒーのような簡単に作ることができる飲み物だけを注文して喫茶店をすぐに出ることも大切です。

それなら忙しい時間に行っても店員さんの手間はかからないでしょう。また、喫茶店が忙しい時間に動画をゆっくり見るのはやめた方がいいです。融資担当者が来るかもしれないのにお客さんがいることで、ゆっくり話ができないことがあります。

 

三菱東京銀行と三井住友銀行のカードローンの上限金利を比較

銀行のカードローンで即日融資に対応しているのは三菱東京銀行と三井住友銀行のカードローンになります。三菱東京銀行と三井住友銀行は共に店舗内にカードローンの申し込みが出来る契約機が設置されていてその契約機で申し込むと即日融資を受ける事があります。申込時間や審査の影響で絶対即日融資を受ける事が出来るというわけではありませんが、早くお金を借りたい人にはメリットになります。

そこで三菱東京銀行のカードローンと三井住友銀行のカードローンを比較してみましょう。

銀行のカードローンは当初から低金利と言われているので三菱東京銀行と三井住友銀行のカードローンの上限金利を比較してみると三菱東京銀行のカードローンは14.6%で三井住友銀行のカードローンは14.5%になっています。三井住友銀行のカードローンの方が0.1%低く設定されていますが、少額の借り入れの場合はそれほど変わらないので自分の好きな方を利用すればいいでしょう。

しかし多額の借り入れになると影響してくるので0.1%低く設定されている三井住友銀行のカードローンを利用した方がいいでしょう。

 

キャッシング会社は申込み手続きがやりやすいプロミスがおすすめ

プロミスの申し込み手続きはインターネットから来店不要で手続きをする方法や店舗に行って自動契約機で申し込みをする方法など色々な手続き方法から選べるようになっています。契約手続きの前に審査がありますが本人への確認電話や職場への在籍確認なども含めて1時間程度で終わることもあり、時間に余裕をもって早めに手続きをすればその日のうちに借り入れすることもできます。

プロミスを利用する時の提出書類は運転免許証や健康保険証をはじめとした身分証明書が必要です。それに加えて過去数ヶ月分の給与明細や源泉徴収票などの収入証明書類が必要となる場合がありますのでいつでも準備してできるようにしておきましょう。利用可能な限度額は審査結果に応じて決まりますが、プロミスでの取引実績を作ることで後ほど増額の審査に申し込むことができるようになります。

増額に成功して限度額が増えれば金利が低くなる場合もありますので、他社利用分の借換えをすることで利息を安く抑えることができる場合があります。